少し変わったバーボンウイスキーベースのカクテルのレシピ集

バーボンウイスキーは、お酒がそれほど得意ではないという人にとって、少し手が出しにくいお酒かもしれません。ですが、カクテルにして飲むことで、バーボンウイスキーとしての味わいを残しながら飲みやすくしてくれるのです。今回はそんなカクテルの中から、少し作り方が変わっていたり、材料が変わっているような印象に残りやすいカクテルを紹介していきます。

作り方が変わっているカクテルのレシピ

カクテルの中には、おうちで自分で作って楽しめるようなものから、お店でないと作りにくいようなカクテルまで幅広く存在しています。そんな中から、バーボンウイスキーを使った家では作りにくいかもしれないカクテルを紹介していきます。

ボイラーメーカー

最初に紹介するのは、ボイラーメーカーと呼ばれるカクテルです。アメリカのニューヨーク・バーテンダーズ・ガイドと呼ばれるカクテルのレシピ集に登場するカクテルになります。俳優のブラッド・ピットがメジャーになるきっかけになった映画である「リバー・ランズ・スルー・イット」という映画に登場することでも有名です。このカクテルはアメリカのボイラー関係の労働者が、少しでも早く酔っ払うために考えたとされています。準備するものはビールとバーボンウイスキーの2種類。作り方は、グラスにビールを注ぎ、そこにショットグラスに注いだバーボンウイスキーをショットグラスごとビールに沈めてしまうというもの。作り方にインパクトがありますが、この作り方も飲み手を楽しませる演出となっています。バーボンウイスキーからは変わってしまいますが、ビールにテキーラを同様に沈めた場合には、サブマリノというカクテルに変わります。異なるお酒を同時に摂取するちゃんぽんと呼ばれるような飲み方になってしまうので、普通にバーボンウイスキーやビールを飲むよりも酔いやすくなるという人もいるので、初めて試すという人は少し注意が必要かもしれません。

ミントジュレップ

続いて紹介するのは、ミントジュレップというカクテルです。このミントジュレップは使用する材料は普通なのですが、その見た目が少し変わっています。カクテルの多くは、材料を冷やしておいたり、シェイクする際に氷を混ぜるというものが多いですが、このカクテルでは、最後にグラスからあふれんばかりのクラッシュドアイスを加えるのが特徴です。ステアしながらクラッシュドアイスを加え、お酒を冷やしていき、最後にそこにさらにクラッシュドアイスを加えるという、見た目は氷ばかりのカクテルなのです。そんなミントジュレップですが、バーボンウイスキーの産地であるアメリカのケンタッキーでは非常に愛されているカクテルです。特に毎年5月の第一土曜日に開催されているケンタッキーダービーの公式ドリンクとされていて、そのタイミングでは多くの人が愛飲しています。材料はバーボンウイスキーとソーダ、ガムシロップ、ミントとシンプルなものです。最初にジュレップカップにガムシロップとフレッシュミントを加え、バースプーンの先で軽く潰し、香りを出します。そこにバーボンウイスキーを注ぎ、ステアしながらクラッシュドアイスを2.3回に分けて入れていきます。最後にグラスに山のようにクラッシュドアイスを入れ、ミントを飾ります。その見た目や材料から、夏などの暑い時期にさっぱりと楽しむことができそうなカクテルですね。そんな暑い時期には非常におすすめです。

エッグノック

続いて紹介するのは、エッグノックです。これはお酒のカクテルであるにも関わらず、卵が材料として使われているのが特徴です。アルコールを使わずにつくることもあり、その場合は年齢問わず楽しむことができる甘い飲み物になっています。現在ではアメリカでも楽しまれていますが、その発祥はイングランドであるとされています。それがアメリカに伝わり、現在ではクリスマスや新年の祭りのタイミングで愛飲されています。また、オーストラリアでは年中飲まれてもいます。その材料は、バーボンウイスキー、ホワイトラム、生クリーム、卵、砂糖です。生クリームは牛乳で代用することもできます。作り方は材料を全てシェーカーに入れてシェイクし、それを氷の入ったグラスに注ぐだけです。乳アレルギーの場合にも、豆乳で代用することでも楽しむことができます。アメリカでは、カクテルとしても有名ですが、エッグノックの味を模した食品などもあり、エッグノック味のアイスクリームなども楽しまれています。

ロサンゼルス

最後に紹介するのは、ロサンゼルスというカクテルです。先に紹介したエッグノックと同じく卵を使用したカクテルであり、牛乳なども入っておらず、フルーツジュースなどと混ぜた状態のものをなめらかにするために卵が使用されています。材料はバーボンウイスキー、レモンジュース、スイートベルモット、砂糖、卵になります。これらの材料をよくシェークすることで完成します。

まとめ

今回紹介したカクテルは、初めて飲むという場合には少し勇気がいるかもしれないものかもしれません。ですが、これらのカクテルは世界的に広く愛されているカクテルでもあります。お店などで興味を持った際に、バーボンウイスキーを使ったカクテルをぜひ楽しんでみてください。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です