バーボンは個性的で多くの飲み方ができるアメリカの代表的なウイスキー

お酒の種類には実に多くのものがありますが、バーボンは独特の個性があるウイスキーです。様々な飲み方が可能で、アメリカのイメージが強くあるお酒でもあります。今まであまりバーボンに触れる機会のなかった人も、飲み方の種類を知ることで、自分に合った独特の味わいが楽しめるでしょう。

バーボンの特徴や味わい

バーボンウイスキーの主原料はトウモロコシであり、大麦を主原料とするスコッチウイスキーとはこの点に違いがあります。両者では製法や熟成期間も異なりますが、特筆すべきはやはり味わいの違いです。バーボンウイスキーは甘さの感じ方に特徴があります。酸味の奥に甘さのあるスコッチウイスキーとは異なり、甘さの風味を直接感じるのがバーボンです。バーボンは開拓時代を舞台にした西部劇の男性的イメージがあるお酒ですが、その甘さから実は女性にとっても飲みやすいウイスキーです。赤みのある色合いも、ファンを惹きつける要素になっています。名前の由来は、アメリカのケンタッキー州バーボンで誕生したことによるものです。現在でも、アメリカのウイスキー生産量の中でバーボンの占める割合は非常に大きく、アメリカを代表するお酒の一つと言えます。

バーボンは個人の好みに応じて様々な飲み方が可能

バーボンは様々な飲み方の工夫ができるお酒です。自分のニーズに合った飲み方を見つければ、継続的に楽しむことができるでしょう。また、その時々に応じて飲み方を変えることで、違った雰囲気や印象を味わうことも可能です。バーボンの特徴は飲み方の自由度にもあるため、工夫しながら好みに合う飲み方を探すことも大いに楽しみを広げる方法です。バーボンド飲み方には多くの種類があります。代表的なものとしては「ストレート」「オン・ザ・ロック」「水割り」「ハイボール」「トワイスアップ」などがあります。飲み方によって、アルコール度数や味わいに変化をつけることが可能です。バーボン製品自体にも色々な種類があるため、飲み方の工夫と共に、種類の選択も大切です。

ストレートはダイレクトにバーボンが味わえる飲み方

バーボンの味わいをそのまま楽しみたい人にとっては、ストレートは相性のいい飲み方です。但し、直接味わうにはアルコール度数が高いため、水やミルクなどをチェイサーとして利用するといいでしょう。ストレートはバーボンをダイレクトに楽しむ飲み方と言えますが、体への負担に配慮する必要があります。 冷たい水を用意して、バーボンと水を交互に飲みながら味わえば、体への負担を和らげることができます。 その都度、舌の感覚を取り戻すこともできるため好都合です。 水以外にも、ミルクの使用も効果的です。ミルクとバーボンというのは意外な組み合わせのように感じますが、実はミルクによく合うのもバーボンの特徴です。ミルクの油分が働きかけてバーボンを飲みやすくしてくれます。

オン・ザ・ロックは格好の良さとおしゃれ感が特徴

氷を浮かべて飲むオン・ザ・ロックは、見た目にも格好が良く、グラスを揺らして音を出しながら飲むおしゃれ感があります。落ち着いた雰囲気にもよく合っており、バーボンの初心者にとっても楽しめる飲み方です。オン・ザ・ロックは氷が入ることで、ストレートよりも飲みやすくなる点がメリットです。溶けにくいように大きな氷を用いるのが一般的であり、口の広いロックグラスを利用すれば入れやすくなります。

水割りは自分の好みに合わせてアルコール度数の調整が可能

水割りは、バーボンに水と氷を入れて飲むスタイルです。自分に合う刺激のアルコール度数で楽しめる飲み方です。ストレートやオン・ザ・ロックが強すぎて飲みにくい人でも、水を入れることでアルコール度数を下げることができます。バーボン1に対して、水2の割合がおすすめです。もちろん調整は各自の好みに応じて自在に可能です。1対2の割合でもきつい場合は、さらに水の量を増やすといいでしょう。ウイスキーと相性のいい軟水を使用し、氷もしっかり入れて冷やすことが大切です。

ハイボールは女性にとっても楽しみやすい飲み方

ハイボールは、近年人気の高い飲み方の一つです。バーボンをソーダ水で割ったものが一般的で、柑橘系にもよく合うのが特徴です。ハイボールは、ソーダ水以外のドリンクで割ることもできます。お気に入りのジュースで割れば、アルコールにそこまで強くない人や女性にとってもさらに飲みやすくなるでしょう。

トワイスアップはアルコールに強くない人も飲みやすい

トワイスアップは、同じ割合のバーボンと水を混ぜる飲み方です。バーボンと水が1対1の割合になるため、ストレートなどの飲み方がきつい人にとって、飲みやすくなる点がメリットです。特にバーボンの香りを楽しみたい人にとっても、適した飲み方と言えるでしょう。冷やしてしまうと香りが感じにくくなるため、氷は使用せず、常温の水で割るのがポイントです。

まとめ

ウイスキーが苦手な人や、あまり馴染みがない人にとっても、飲み方の工夫をすることで自分に合う方法を見つけることも可能です。バーボンは個性的な味わい、色、香りに加えて、多様な飲み方ができるため、色々試しながら合うものを見つけていける楽しさがあります。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です